【書籍】凡人

PR

参考になった内容

参考になった内容
  • 日本という「国」に明るい未来は期待できない。
    ・アメリカには勝てない。高い給与で世界中から人材を集めているため。
    ・中国には勝てない。人権を気にせず開発や研究ができるため。
    ・日本はすぐに法律で規制を掛ける。
    ・日本にはITに疎い老人(経営者等)が権力を持っている。

  • 「国」の未来が暗くても「個人」としては幸せになれる。
    ・悲観しなくて良い。

  • 仕事は「積み重ねができるもの」を選ぶ。
    ・積み重ねができないもの(すぐに一定のレベルになれるもの)は給与が低い。
    ・「投資」は積み重ねができない仕事。

  • 仕事は「やっていて苦じゃないもの」を選ぶ。
    ・人気の仕事は給与が低い。 例)アニメーター、ゲームプログラマー
    ・「好きなことで生きていく」はリスクが高い。 例)マンガ家

  • AIの導入で得をするのは経営者と株主。従業員ではない。
    ・AIの導入により効率化が実現されると、従業員はリストラ。

  • 「ビジネスとして情報を売る人」に騙されない。
    ・情報商材
    ・オンラインサロン
    ・過激な主張をしている書籍
    ・「学歴は関係無い」とか言う人

  • 富裕層の多くは「株の売買益や配当金で儲けている人」。
    ・労働で得るお金よりも、投資で得るお金の方が多い。

  • お金が足りないとカモられるし、選択肢もなくなる。
    ・お金に欠乏を感じると思考力が大幅に落ちる。誰でも。
    ・ギャンブルに手を出してしまう。
    ・失敗する可能性の高い投資に手を出してしまう。
    ・無駄遣いをしてしまう。
    ・貯金は大事。

  • 単身者(逃げ切れる60代除く)の約50%は貯蓄が0円。ヤバい。
    ・2018年の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]より」

  • 「不登校の子供」を責めるのは良くないが、「教育を放棄する親」はダメ。
    ・学校に通わせなくてもいいが、その代わり家で親が勉強を教える。
     ┗欧米では「ホームスクーリング」と言われている。

  • 「仮説検証スキル」は大事。「継続」も大事。
    ・仮説を立てる
    ・あっていたか間違っていたか検証する
     ┗あっていたら繰り返す(=継続)
     ┗間違っていたら訂正する
タイトルとURLをコピーしました