CentOS7にSambaでWindows用の共有フォルダを作成する

前提

・CentOS7「serverhost」ホスト名は「serverhost」
・既にCentOS7とWindowsの両方に存在するユーザ「user」に対し、共有フォルダ
 を利用できるようにする
・共有フォルダは「/home/share」と作成する

sambaをインストールする

1.「samba」と「samba-common」をインストールする
 ・yum -y install samba samba-common

2.インストールされたことを確認する
 ・yum list installed samba*

3.Sambaを起動させる。エラーが出なければOK。
 ・systemctl start smb nmb

4.Sambaの状態を確認する。「Active: active (running)」となっていれば
  起動している。
 ・systemctl status smb nmb

5.psコマンドでもSambaの状態を確認してみる。
 ・ps -aux | grep smbd

自動起動とファイアフォールの設定をする

1.OS起動時にSambaが自動起動するよう設定する
 ・systemctl enable smb nmb

2.OS起動時にSambaが自動起動するようになったか確認する
 ・systemctl is-enabled smb nmb

3.ファイアフォールの設定を確認する。「services:」にsambaが無いことを確認する
 ・firewall-cmd –list-all

4.Sambaの通信を許可するようファイアフォールの設定を変更する。
 「success」となればOK。
 ・firewall-cmd –add-service=samba –permanent

5.ファイアフォールの設定を反映する。「success」となればOK。
 ・firewall-cmd –reload

6.ファイアフォールの設定を確認する。「services:」にSambaが追加されたこと
  を確認する
 ・firewall-cmd –list-all

Sambaの設定ファイルを変更する

1.Sambaの設定ファイルのバックアップを取得する
 ・cd /etc/samba
 ・ll smb.conf*
 ・cp -p smb.conf smb.conf.bk
 ・ll smb.conf*

2.Sambaの設定ファイルを変更する
 ・vi smb.conf

[global]
        workgroup = WORKGROUP     //修正
        netbios name = serverhost   //追記
        security = user

        passdb backend = tdbsam
        dos charset = CP932      //追記

        printing = cups
        printcap name = cups
        load printers = yes
        cups options = raw

[Share]            //追記
        path = /home/share/  //追記
        browsable = yes    //追記
        read only = no    //追記

3.Sambaの設定ファイルに問題が無いか確認する。エラーが出なければOK。
 ・testparm

4.共有用ディレクトリを作成する
 ・cd /home/
 ・mkdir share
 ・chmod -R 0777 share
 ・chown -R nobody:nobody share
 ・ll

5.ユーザー「user」にWindows側のユーザー属性を追加する。エラーが出なければOK。
 ・pdbedit -a -u user -f “test user01”

6.確認する
 ・pdbedit -L

7.Sambaを再起動する。エラーが出なければOK。
 ・systemctl restart smb nmb

8.Sambaの状態を確認する。「Active: active (running)」となっていれば起動している。
 ・systemctl status smb nm

アクセス確認

1.エクスプローラで「\serverhost」へアクセスしuserでログインする

2.Shareフォルダにアクセスできることを確認する

3.Shareフォルダにアクセスは出来るが書き込みが出来なかったため、
 SELinuxを無効化する
 ・setenforce 0

4.Shareフォルダに書き込みできることを確認する

タイトルとURLをコピーしました