【SQL Server】Visual Studioでストアドプロシージャのデバッグをする

前提

ここではローカルにインストールされているSQL Serverのストアドプロシージャのデバックのやり方を記載する。

他PC上(ネットワーク上)のSQL Serverのストアドプロシージャをデバッグしたい場合は、ファイアウォールの設定等を適切に変更する必要が様子。こちらについては今回は記載しない。

デバッグ手順

1.Visual Studio起動し空のプロジェクトを作成する

2.[表示]→[SQL Serverオブジェクトエクスプローラー]




3.右クリック→[SQL Serverの追加]




4.「サーバー名」や「データベース名」等を設定する




5.DBへ接続された旨が表示される


6.ストアドプロシージャを右クリックし「プロシージャのデバッグ」



7.引数を設定し「OK」
→テストコードが作成されデバッグが実行される
→「F11」でステップイン、「F10」でステップアウト
→戻り値が表示される





8.再度デバッグを実行する場合は「デバッガーで実行」をクリックする

タイトルとURLをコピーしました