【C#】【WPF】コンボボックス(ComboBox)の使用方法

前提

コンボボックス(ComboBox)の使用方法として以下を記載する
・Windowへの配置
・項目の追加/初期値の設定
・選択されたデータの取得

↓コンボボックス(ComboBox)

Windowへの配置

1.ツールボックス内のComboBoxをWindowの任意の位置に配置




2.配置したComboBoxに任意の名前を付ける。ここでは「ComboBox_Sample」とする

項目の追加/初期値の設定

「InitializeComponent()」の下に、項目の追加/初期値の設定をするコードを記述する

public partial class MainWindow : Window
{
    public MainWindow()
    {
        InitializeComponent();

        //コンボボックス(ComboBox)へ項目を追加
        ComboBox_Sample.Items.Add("りんご");
        ComboBox_Sample.Items.Add("ばなな");
        ComboBox_Sample.Items.Add("みかん");
        //追加した項目の中の一つを初期値として設定
        ComboBox_Sample.SelectedValue = "ばなな";
    }
    (省略)
}

選択されたデータの取得

「ComboBox_Sample.Text」で取得可能

private void Button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    MessageBox.Show(ComboBox_Sample.Text, 
                    "結果",
                    MessageBoxButton.OK);
}

結果

取得した設定値がMessageBoxで表示された

タイトルとURLをコピーしました