【SQL Server】【SSMS】本番環境等のテーブルのデータを別環境の同名のテーブルへ登録するために、INSERT文を作成する

背景

テスト等のために、以下のデータ(レコード)を同じ状態にしたい時がある
・本番環境のテーブル
・別環境(開発環境等)のテーブル

前提

・SSMSのGUI操作により、テーブルのデータのINSERT文を作成する
・ここでは以下のテーブルのデータのINSERT文を作成する
 ・employee

 

手順

1.SSMS上の本番環境等のデータベースを右クリックし、[タスク]→[スクリプトの生成]をクリック




2.「次へ」をクリック




3.以下にチェックを付けて「次へ」をクリック
 ・特定のデータベース オブジェクトを選択
 ・登録したいテーブル




4.「詳細設定」をクリック




5.「スクリプトを生成するデータの種類」を「スキーマのみ」→「データのみ」へ変更し「OK」をクリック




6.「オブジェクトごとに1つのファイル」にチェック付けて、「ディレクトリ」に任意のパスを指定し、「次へ」をクリック




7.「次へ」をクリック




8.「完了」をクリック

結果

INSERT文が記載されたSQLファイルが作成される





※上記のSQLファイルを使用する際は、必要に応じてDB名(上記でいうとtestDB)を変更する

タイトルとURLをコピーしました