【SQL Server】CASE式を使用してクロス表を作成する

クロス表とは

・「クロス集計の結果」を表にしたもの。
  ※クロス集計の対義語は「単純集計」

・「クロス集計」とは「項目と項目を掛け合わせた集計」
  ※単純集計は1つの設問の集計

・「クロス集計」は「表側」と「表頭」を持った「集計された結果
  →集計された結果とは具体的には「SUM関数(合計)を使用した集計」等。

CASE式とは

「SQL-92(1992年に策定されたSQLの規格)」に含まれている式。
よって全てのRDBMSで使用可能。

CASE式を使用したクロス表の作成例

以下を参照。

タイトルとURLをコピーしました