【Power Shell】メールを送信する

PR

前提

Power Shellでメールを送信する方法は2つある。
・Send-MailMessageコマンド
・.NETのクラス「System.Net.Mail.SmtpClient」

ここではよりシンプルである.NETのクラス「System.Net.Mail.SmtpClient」を使用する方法を記載する。

また今回は例として、送信元をGmailのメールアドレスにする。

PR

準備

Gmailへアクセスできるように、Googleアカウントのセキュリティの設定を変更する。

詳細は以下の記事の「準備」を参照。

PR

サンプルプログラム

#送信元
$from = "XXXXX@gmail.com"

#送信先
$to = "XXXXXX@XXX.XXX.XXX"

#件名
$subject = "テスト"

#本文
$body = "テストメールです"

#SMTPサーバー
$smtp = "smtp.gmail.com"

#SMTPサーバーのパスワード
$password = "XXXXX"

#SMTPClientのインスタンス生成
$smtpclient = New-Object System.Net.Mail.SmtpClient($smtp, 587)

#SSLを許可
$smtpclient.EnableSsl = $true

#資格情報を設定
$smtpclient.Credentials = New-Object System.Net.NetworkCredential($from, $password)

#送信
$smtpclient.Send($from, $to, $subject, $body)
PR

実行結果

Power Shellからメールを送信できた。

メール受信画面
PR

参考①

VBScriptからOutlookを利用してメールを送信することも可能。

詳細は以下の記事を参照。

PR

参考②

C#からOutlookを利用してメールを送信することも可能。

詳細は以下の記事を参照。

タイトルとURLをコピーしました