【C#】自作プログラムの中からOutlookの会議依頼メールを作成する

PR

前提

・Outlookがインストールされていること
・COM(Component Object Model)の「Microsoft Outlook 16.0 Object Library」を利用する

PR

参照を追加する

以下の記事の「参照を追加する」を実施する。

PR

処理を実装する

Outlookの会議依頼メールを送信する処理を実装する

(省略)
using Microsoft.Office.Interop.Outlook;
using Outlook = Microsoft.Office.Interop.Outlook;

(省略)

private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            var app = new Outlook.Application();
            Outlook.AppointmentItem appt = app.CreateItem(Outlook.OlItemType.olAppointmentItem) as Outlook.AppointmentItem;

            //宛先(必須)
            Outlook.Recipient recipRequired1 = appt.Recipients.Add("hogehoge@gmail.com");
            recipRequired1.Type = (int)Outlook.OlMeetingRecipientType.olRequired;

            //宛先(任意)
            Outlook.Recipient recipRequired2 = appt.Recipients.Add("piyopiyo@gmail.com");
            recipRequired2.Type = (int)Outlook.OlMeetingRecipientType.olOptional;

            //場所
            appt.Location = "第1会議室";

            //開始時刻
            appt.Start = Convert.ToDateTime("2021/3/3 9:00");

            //終了時刻
            appt.End = Convert.ToDateTime("2021/3/3 13:00");

            //件名
            appt.Subject = "XXXの件について";

            //メールの種類を「会議依頼」※会議依頼キャンセル通知ではなく
            appt.MeetingStatus = Outlook.OlMeetingStatus.olMeeting;

            //本文
            String message = "各位" + Environment.NewLine + Environment.NewLine +
                             "お疲れさまです。田中です。" + Environment.NewLine +
                             "XXXの件について、打ち合わせをお願いします。";
            appt.Body = message;

            //終日のチェックをしない
            appt.AllDayEvent = false;

            //アラームを15分
            appt.ReminderSet = true;
            appt.ReminderMinutesBeforeStart = 30;

            //公開方法を空き時間
            appt.BusyStatus = OlBusyStatus.olFree;

            //返信依頼をあり
            appt.ResponseRequested = true;

            //表示
            appt.Display();

            //送信
            //appt.Send();

        }

「Display」ではなく「Send」を実行すると、送信されます。


上記では以下を設定している。

No.項目
1宛先(必須)
2宛先(任意)
3場所
4開始時刻
5終了時刻
6件名
7メールの種類
8本文
9終日のチェック
10アラーム
11公開方法
12返信依頼

設定できる項目の詳細は、公式サイトを参照する。

PR

実行結果

会議依頼メールが作成され表示された。

実行結果①
実行結果②
PR

参考①

Outlookで普通のメールを送信する方法は、以下の記事をご確認ください。

PR

参考②

C#からではなく、VBAからOutlookを使用して会議依頼メールを送信することもできます。
詳細は以下の記事をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました